香取慎吾さん出展のDIVERSITY IN THE ARTS企画展

私たちのNPO法人JDAAでは、聴覚障がいを持ったアーティストの作品を集めた芸術展を毎年開催しています。

そんな中、同じく障がい者のアート活動を中心に多様な個性を認める社会の実現を目指す日本財団のプロジェクト「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展が開催されたので見に行ってきました。こちらのアート展は、香取慎吾さんが作品を出展した事でも話題になっています。

会場は、誰でもが作品を楽しめるようにスタッフが常駐しているウェルカム・ポイントや、音声を通して作品を案内するオーディオ・ディスクリプションやスロープなどが準備されていました。

そしてたくさんの作品の中に香取慎吾さんの作品が展示されていました。

一点目は「火のトリ」という作品で、ダンボールに描いてある作品でした。タッチや色使いなどがとても力強い作品でした。

二点目は「イソゲマダマニアウ」という作品でこちらは、一点目と比べて穏やかでかわいらしくもあり、不思議な作品でした。

香取さんのメッセージには、障害があるかどうかは関係なく、人は誰かがいないと生きてはいけません。僕自身、誰かにサポートしてもらいたいと思うこともありますし、困っている人がいたらサポートしてあげたいと思う。そうした感情に垣根はないと思うんです。とのコメントがありました。

このように影響力のある方が、こういった取り組みに協力してくれ、このようなことがきっかけで、アートを通して障がい者への理解が今後より進んでいくことはとても素晴らしいことですね。

私たちJDAAもこういった役割を担っていけるよう頑張っていきます。