【講演会】耳の聞こえないK-1ファイター郷州征宜

NPO法人日本聴覚障害者芸術協会 (JDAA) では、聴覚障がいを抱えながらも様々なフィールドで活躍する人たちを、たくさんの方に知って頂き、聴覚障がい者への理解を深めて頂けるよう、活動を行っています。

7月8日(日)には、聴覚障がいというハンデを抱えながらも、第6代Krushスーパー・フェザー級王者となり、K-1のリングで活躍するキックボクサー郷州征宜選手の講演会を開催致します。

講演会では、幼少期の親子喧嘩や、いじめ。そして、甲子園出場から立ち技格闘技「Krush」の世界でチャンピオンになるまでの、郷州選手の生い立ちや経験をたくさん語って頂きます。

講演を通して、「ハンデを抱えていても、諦めなければ健常者の中でも一番になれる」という、夢を諦めずに努力する大切さを伝えてくれるそうです!

郷州選手自ら、手話を交えて講演してくれますので、聞こえる人も、聞こえない人も楽しめる内容となっております!ぜひ皆様お越しください。

【詳細】

開催日:2018年7月8日(日)

講演者:郷州 征宜

受付時間:13時00分〜

講演時間:13時30分〜16時(交流会等を含む)

場所:CAMPFIREセミナールーム(東京都渋谷区渋谷2丁目22−3渋谷東口ビル5F)

料金:900円

主催:NPO法人日本聴覚障害者芸術協会

チケット販売:こちらのリンクもしくは下記URLよりpolcaにて申込み頂けます。

https://polca.jp/projects/YxUP3blgTmD