東京モーターショー行ってきました!

2017年10月27日(金)~11月5日(日)に開催されていた東京モーターショー2017のチケットをもらったので行ってきました。

東京モーターショー2017は、自動車産業の枠を超えて、さまざまなアイディアやテクノロジーを取り入れ、「これまでのモビリティの価値を拡張していく」というビジョンを掲げ、自動車メーカーや部品メーカーなど約150社が集まり、様々な展示をしていました。

個人的に全体的をまわって印象に残ったのは以下の三つのテーマでした。

  • EV
  • AI
  • VR

まずEVに関しては、次世代の自動車の本命として各社が注力しており様々なコンセプトや新製品が展示されていた。一方でEVと並び、エコカーの本命とされていたFCVに関しては、トヨタが燃料電池バス、メルセデス・ベンツが、同社初となる量産型FCV「GLC F-CELL」の展示を行っていた以外は目新しいものはなく、現時点においてはFCVよりEVが次世代のエコカーとしての注目度が高いことが伺えた。

次に印象に残ったのはAIの搭載。これは各社コンセプト段階のものが多かったが、多くのメーカーが車へのAIの搭載を近い将来目指していることが伺えた。例えば、トヨタのコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」シリーズや、

ホンダの「Honda Urban EV Concept」などが印象的であった。

これらのAI搭載車により、今後自動車が運転手の性格や好みを学習し、よりパーソナルな移動空間になっていくものと思われる。

最後に、今回各社展示ブースのほとんどで、VRによる展示方法を取り入れていた。VR空間で試乗体験を提供したり、ゲーム感覚で運転体験を提供するなど各社ユニークな取り組みを行っていた。

今回のモーターショーでは、自動運転技術に関しては大きな発表はなかったように思えるが、将来的には自動車は自動運転化、パーソナルモビリティ化が進むと思っている。今回多く発表されていたAI技術を初め、自動車メーカーの枠にとらわれない取り組みにより、将来よりわくわく出来る移動体験が出来ることが今から待ちきれないと思った。